アイテム 加重

【レビュー】FIELDOOR20kgプレートを使って加重してみた。

※アフィリエイト広告を利用しています。

悩める人

加重トレーニングに使うプレートが欲しい。

こんな方にオススメのプレートをご紹介。

この記事の内容

  • FIELDOORプレートについて
  • FIELDOORプレートのメリット・デメリット
  • 実際に使った感想

 

オススメ情報!

このブログでは筋トレ(主に自重)や
ライフスタイルについての情報を発信しています!

  • 筋トレ興味があるならこちら↓
オススメ
【必須級】自重トレーニングのオススメアイテム紹介!

こんな方に自重トレーニングや家トレを始めるにあたって必須級のアイテムと必須ではないけどあったら便利なアイテムを紹介します。 この記事の内容 個人的必須アイテム あったら便利なアイテム 各アイテムの使い ...

続きを見る

 

オススメ
自重トレーニングは筋肥大しない?始める前に知るべき事実。

このような方に自重トレーニングのメリットと効果を解説。 この記事の内容 自重トレのメリット 自重トレを選ばない方が良い人 自重トレの実際の効果 自重トレーニングはウェイトより時間がかかるとか筋肥大でき ...

続きを見る

  • セールで1kgあたり2000円台で買える
  • フレーバーが60種類以上
  • おまけ付お試しセットあり

ただいまセール開催中!

オススメ
【コスパ最強】マイプロテインをオススメする理由とお得な購入方法!

こんな方に実際にマイプロテインを利用している僕が良いところや気になる点をご紹介していきます。 結論:マイプロテインは品質を保ちながら低価格で買える初心者にもオススメなプロテインです! オススメポイント ...

続きを見る

 

僕は普段自重トレーニングを自宅で行っているのですが、どうしても負荷が足りない時は加重トレーニングを取り入れたりしています。

最初は小さいダンベルから始めて、どんどん重量を上げていくことでより筋肥大の効率を上げるのが目的です。

そんな中見つけたのがプレートでの加重

今まで見たことはあったのですが実際に使ったことはなかったので良さそうな商品を探してGETしました。

僕が今回の記事で実際に使っているプレート

結論から言うと外側がコーティングされているので床を傷つけにくく、カンカンと音もしないのでオススメです。

FIELDOORプレートの基本情報

まずは商品の詳細から

サイズ直径41.3cm×厚さ6.6cm
材質ポリエチレン(内容物セメント化合物)
重量展開1.25kg / 2.5kg / 5kg / 10kg / 15kg / 20kg
カラーブラック・レッド

バーベルや可変式ダンベル用のプレートが単体で販売されていて好きな重量を1つまたはペアで買う事ができます。(今回は20kgを使用)

特定の重量だけ欲しい時に本体ごと買わなくていいので便利です。

穴のサイズは標準の直径28mmなので比較的どのバーベルでも組み合わせられるので汎用性もあります。

FIELDOORプレートのメリット

メリット

  • 音がしない
  • 床を傷つけにくい
  • コスパが良い

音がしない

金属製ではないのでトレーニング中に音がしにくいです。

重ねて使う時も金属がぶつかり合う音もしないので静かにトレーニングできます。

床を傷つけにくい

ポリエチレン製(灯油のタンクとかシャンプーボトルの材質)なので金属製と比べると床を傷つけにくいです。

触った感じもツルツルというよりはザラザラに近いです。

もちろん落としたり引きずったりすると重みで傷つく可能性はあります。

慎重に扱いましょう。

コスパが良い

他のプレートの価格と比べるとかなり安めで提供しています。(素材が安いから?)

本製品製品A製品B
価格4,500円8,990円8,470円

初めてで失敗したくない方などプレート入門にはオススメだと思います。

FIELDOORプレートのデメリット

デメリット

  • 他製品より分厚い
  • 持ち手がない(運びにくい)

他製品より分厚い

コーティングされている分、厚みが他のプレートより分厚めになってます。

一般的なプレート 2.5cm
本製品 6.5cm

他のプレートを持ってないので漫画と比べてみます。

一般的な漫画の単行本4冊分くらいの厚みがあります。

結構分厚い…

もし今後、重量を増やす為重ねて付けるなら2枚が良いところです。

それ以上付けられるかもしれませんがめちゃくちゃ、やりにくいと思います。

パワーリフティングとかかなり重い重量を自宅で練習する場合は他のプレートの方が良いと思います。

相当な上級者でなければ気にしなくて良い!

持ち手がない(運びにくい)

プレートによっては持ち手が付いていて持ち運びが楽だったり、プレート自体を持ってトレーニングしたり出来ます。

ですが、コーティングのせいか真ん中の穴以外なにもありません。

なので頻繁に移動したり、ウェイトトレーニングに使いたい場合は注意が必要です。

実際にFIELDOORプレートで20kgの加重懸垂をやってみた感想

ここからは実際に加重トレーニングをしてみて思ったことを書いていきます。

基本的な加重トレーニングのやり方についてはこちらを参考に↓

加重トレーニングは何キロから始める?加重ベルトの使い方も紹介。

こんな方に加重トレーニングのやり方と注意点、オススメのアイテムなどをご紹介。 この記事の内容 加重のメリット 加重する際の注意点 適切な重量 実際のメニュー   ある程度自重トレーニングをやっていると ...

続きを見る

 

トレーニングはしやすい

普通にトレーニングする分には申し分ないと思います。加重トレーニングのみに使用するのであればコスパも良いと思います。

足の間に挟み込んで動作すれば固定出来てやりやすいです。

付け外しは慣れが必要

やはりサイズ感は大きく分厚さもあるのでなかなか付けるのが最初は大変でした。

付けてる途中で倒れると足にぶつかる危険があり、抑えながら付けるので慣れが必要かなと思いました。

20kgはかなり重い…

移動が大変

デメリットでも書いた通り持ち手が無いので一回床に置くと持ち上げるのが面倒くさいです。

頻繁に使うなら立てかけて置いて転がして移動するか、専用のスタンドを合わせて買った方が良いと思います。

同じブランドで持ち手付きを探してみたらあったので興味があれば…

 

ウェイトトレーニングには不向き

プレートを用いたウェイトトレーニングもやりたい場合は先程も言ったように持ち手が無いのでオススメできません。どうしてもウェイトトレーニングに使いたい場合はバーベルにつけるとかですかね。

穴のサイズが標準28mmなのでどのバーベルでも基本的に流用できると思います。

ウェイトはあまりやらないので詳しくは無いですが…

この機会にバーベルも使ってみようと思いました。

そのうちバーベルトレーニングの記事も書くかもしれません。

プレートを使った種目には向き不向きがある

加重トレーニングにおいてプレートが便利なのは間違いないですが、どんな種目にも使えるというわけではなく向き不向きがあります。

向いてる種目

  • 懸垂

1番王道で言えば加重懸垂ですね。

プレートを腰からぶら下げて懸垂をしているのを一度は見た事あると思います。

特にパワーリフターやトレーニング上級者は扱う重量が重いので、ちまちま重りをつけるよりプレートの方が効率が良いです。

  • ディップス

ディップスも同じ理由でプレートがオススメです。

>> 加重ディップスは筋肥大にオススメ!効果的なメニューの作り方!

向いてない種目

  • 腕立て伏せ&インバーテッドロウ

床との距離が少ない種目は基本的に向いてません。

プレートをぶら下げる隙間がないので。

背中に乗せたりお腹に乗せたりと無理矢理使おうとすれば使えますが、やりにくいのでオススメはしません。

上記の種目で加重したい場合はウェイトベストが最適と思います。

【2024年4月】ウェイトベストのオススメ4選の紹介。

こんな方にAmazonで買えるウェイトベストの中から4つ厳選してご紹介します。 この記事の内容 ウェイトベストのメリット 選び方 オススメの製品 ウェイトベストは普段のトレーニングの負荷を着るだけで上 ...

続きを見る

 

加重トレーニングだけの使用ならオススメ!

今回はFIELDOORのプレートをご紹介しました。

FIELDOORのプレートについてまとめると

こんな人にオススメ

  • 価格を抑えたい
  • 金属の擦れ合う音が嫌
  • 床を傷つけたくない

注意点

  • 移動しにくい
  • ウェイトトレーニングには使えない
  • 分厚く重ね付けはしにくい

単純に加重トレーニングの重りとして使うならコスパも良く使いやすいです。

加重トレーニングにプレートを使いたくて費用を抑えたい方は特にオススメな商品ですので、ぜひ試してみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

その他オススメ情報

STEADYディップススタンド約2年間使った感想【オススメ】

こんな方に実際に約2年間STEADYディップススタンドを使った僕が正直な感想を語ります。 結論 安定感があり使いやすい!家トレの効率が上がる。 僕は普段、自宅での自重トレーニングがメインなのですが幅広 ...

続きを見る

チンニングスタンドとディップススタンドどっちを買うべき?

こんな方にチンニングスタンドとディップススタンドどちらを買うべきか解説します。 結論から言うと、懸垂だけがしたい方はチンニングスタンド。 適度に運動がしたいならディップススタンドをオススメします。 本 ...

続きを見る

 

ランキング参加中!ぜひポチっと

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

筋力トレーニングランキング

  • この記事を書いた人

Harrry

引きこもり自重トレーニーのHarrryです。 トレーニング歴3年目!脱ガリガリを目指し一念発起 すっかりドハマりし今では筋トレ(主に自重)の魅力を僕なりに発信しています。 たまに雑記も。

オススメ記事

懸垂の回数を伸ばす方法 1

こんな方向けに懸垂の回数を増やすトレーニングをご紹介。 この記事の内容 回数が伸びない原因 回数を伸ばすテクニック 回数を伸ばすトレーニング3種類       懸垂は自重 ...

2

こんな方に筋持久力アップや時短にオススメのEMOM式のやり方とメニュー紹介。 この記事の内容 筋持久力について EMOMのやり方 EMOMのオススメのメニュー   皆さんはどのような目的で日々自重トレ ...

3

こんな方へ自重トレーニングで体を変える方法を解説します。 この記事の内容 自重トレーニングのメリット トレーニングの方法 食事のポイント   みなさんは自分の体形についてどう考えていますか? 僕は昔か ...

4

こんな方に加重トレーニングのやり方と注意点、オススメのアイテムなどをご紹介。 この記事の内容 加重のメリット 加重する際の注意点 適切な重量 実際のメニュー   ある程度自重トレーニングをやっていると ...

5

こんな方に実際にマイプロテインを利用している僕が良いところや気になる点をご紹介していきます。 結論:マイプロテインは品質を保ちながら低価格で買える初心者にもオススメなプロテインです! オススメポイント ...

-アイテム, 加重